▲ ページの一番上へ

TOP 〉 飯田 さくらさんのプロフィール

まずは無料会員登録から! 〉

カテゴリから探す

飯田 さくらさんのプロフィール

飯田 さくら

状況
仕事できます

【販売件数:0件】

出品者評価

個人本人確認済

ファン登録(0)

購入者評価

飯田 さくら

はじめまして。飯田さくらと申します。

私は父・母・兄・弟・私の5人家族、平凡な家庭で育ちました(現在は結婚し、1児の母)。
母は関西出身、物言いがストレートで言葉がキツく、私はよく「声が小さい!」と怒られていました。声楽を学んでいた母は大きくてよく通る声なので、「もっと大きな声でしゃべって!」と言われ続けました。その結果、人前で萎縮し自己主張が苦手な子になっていきました。
他にも、こんなやりとりがありました。ちなみに私は言い返せなかったので、心の中の声です。

小学校時代、じゃがいもの皮むきを手伝っている時
母:「あんたがやってたら日が暮れるわ。」
私:(そんなこと言われたって、早くできない。手伝うんじゃなかった)

高校時代、好きな服を買って帰った時
母:「洗濯したら色落ちしそうな服やなぁ。」
私:(可愛いと褒めてもらえると思ってたのに…悲しい。)

こんな調子で常に否定される(母にとっては関西のツッコミの感覚だったのかも…)ので、その日の出来事や好きなテレビ番組の話など、自分の話を一切しなくなりました。その代わり、母の愚痴を聞いたり、母の好きな音楽の話をしたりと、ご機嫌をとるようになりました。

そんな私に転機が訪れたのは、小学4年生の時。保健室の先生との出会いです。ケガをした私に、「どうしたの?大丈夫?」と声をかけ、顔を覗き込んで一生懸命話を聞いてくれ、言葉が出てこないと、待ってくれました。そんなふうに対応してくれた大人は初めてで、なんだか心が温かくなったのを覚えています。この時の思いが養護教諭を目指すきっかけとなりました。

念願の養護教諭になり、10年間高校で勤務する中で家族や友達との関係に悩む生徒達と出会いました。
例えば、「○○ちゃんにおはようと言ったら無視された。嫌われたのかな。」との相談。「他のことに集中してて聞こえなかっただけなんじゃない?」と、主観的なとらえ方→別のとらえ方へ変換させてあげると、「あ、そうかも。」とあっさり解決。
曇り顔でやってきた子の話を聴いて、励まし、笑顔になるのを見ることが、なによりも嬉しかったです。

私は言葉によって傷つけられてきましたが、「言葉で人を救う」体験もしました。そんな経験から、悩んでいる方が前向きな気持ちになれるような言葉をかけていきたい、と思っています。
どうぞよろしくお願いします。

出品サービス一覧

戻る 戻る