▲ ページの一番上へ

TOP 〉 趣味 ライフスタイル 娯楽 〉 読書・本・漫画 〉 自分史編集のロジック構築支援サービス

まずは無料会員登録から! 〉

カテゴリから探す

自分史編集のロジック構築支援サービス

専用ルーム

趣味 ライフスタイル 娯楽読書・本・漫画

『自分史編集のロジック構築支援サービス』

★★★★★

★★★★★

5 評価:0

出品者へ問い合わせ(見積)

出品者:週刊・大人の思考空間(masalabo)週刊・大人の思考空間(masalabo)

提供価格:11,760円

118ポイント(1%)獲得

納品予定日:20日前後

自分史や自分が仕事・趣味のロジックを1冊の本に残したいと思っている方の、思考や希望をインタビューやヒアリングを行って方向性を明確にします。最終的にA4×1枚の紙面上に、どういう自分史として完成させるのか、構成設計図にする作業を支援します。

サービス内容

私たちは何気なく会話をしたりメールやSNSなどを使って文章を書いていますが、自分が発する言葉も文章もその情報を受け取る側の人たちに理解をしてもらえるように気持ちを込めています。「理解してもらえる」ことは共感につながりますが、潜在意識の奥底で客観的に言葉や文章を組み立てようと悪戦苦闘している経験はいつもしていることでしょう。
自分の思考を整理しながら、客観的に情報を発信しているという点は特に重要なポイントです。

また、会話だと言葉を発すると同時に音声として自分の耳から自分の脳のなかにもインプットされています。メールやSNSでもそうですが、少し大事な文章は必ずぶつぶつと声を出すかは別にしてしっかりと読み返していることでしょう。この情報が自分の意思と一致しているのか、あるいは真意が伝わるのか、いろいろイメージしながら最後の「送信」ボタンをタップしたりクリックしているはずです。

何気ない会話や文章のやりとりのなかにも、
 ・論理的に整理
 ・客観的に見てどうかの確認作業
 ・相手の理解度のイメージ といった大きな作業をしていることがわかります。
この作業こそ、自分の考え方や生き方、これからの方向性をイメージする思考力の開発につながっていく基本の部分です。
最後に、「なんでわかってくれないの?」と思ったら、「なぜ?」という質問を自分に投げかけています。この「はぜ?」は、質問力の基本です。

言葉や文章には、こうした自分が発した内容に沿って潜在意識のなかで整合性のとれた形で整理・蓄積されていくチカラがあります。本当は論理的に整理されているのに、脳のなかではイメージとしてもやもやと蓄積されているのです。「念ずれば花開く」というコトバがありますが、人間は誰でも頭のなかでイメージを描いて、その目標に向かって確実に歩んでいます。
「〇〇が欲しい」と思うと、気になってしようがないのは、「どうすれば手に入るか」あるいは手にした「成功イメージ」まで脳の中で創造されているからなのです。
次の成功イメージができれば、弱気な感情よりも「手にする行動力」が生まれてきます。

大切な人に元気でいてもらうためには、言葉や文章で「イメージを描いていただくこと」がもっとも簡単な方法なのです。

こうした言葉の力を知っているプロが、自分史を書きたいけれどどうして良いか迷っているあなたのロジック構築を応援します。

お願い事項

作業はヒアリングによって希望をお聞きし、大まかな枠組みから具体的な提案をします。その提案をもとに、ご自身でA4×1枚の紙面上に設計図を描いていただきます。ただし、いきなりは難しいのでこちらでフォーマットの提案をしながら、ご自身の考えを具体化していただくものです。

PR

大人の思考空間〈自分パブリッシング)
販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント

追加サービス

このサービスには、11,760円のサービスにプラスして下記の追加サービスを追加してご購入ができます。

購入画面へ 〉

戻る 戻る