▲ ページの一番上へ

TOP 〉 心 気持ちの相談 〉 愚痴 〉 わかりにくい苦しみを抱える人へ

まずは無料会員登録から! 〉

カテゴリから探す

わかりにくい苦しみを抱える人へ

専用ルーム

心 気持ちの相談愚痴

『わかりにくい苦しみを抱える人へ』

★★★★★

★★★★★

5 評価:1

出品者へ問い合わせ(見積)

出品者:のぼるのぼる

仕事できます

提供価格:お試し価格0円!

納品予定日:2日前後

気になる数(0

本製品はマイノリティの考え方を理解しようともしない
多様性を受け入れられない人を、私と助っ人さんで
ディスります。共感して少し苦しみが軽減されたら幸いです。

サービス内容

「なんで自分の言うことを誰もわかってくれないんだ」
と思ったことはありませんか?
本製品はそう思ったことのある人を対象にしています。

勿論、自分と他人は違うので全てを理解してもらえることはありえませんが
それでも自分の問題(苦しみ、悲しみ、怒り)は軽視されすぎている。

なぜ、自分の問題だけはこんなに理解されないのか?
その答えは、理解できない人が頭悪いからです。
具体的に言うと、多様性を許容できない為、一般論しか受け入れない

尚、一般論とは辞書で下記のように記されております。
ある特定の、または個々の具体的な事柄を考えないで、広く全体を論じる議論。
世間に広く認められると考えられる論。

私はこれをもっと簡単に解釈して、皆の考え、感受性と思っています。
皆の考え、感受性以外を理解できない人は、それと異なる人に下記の態度をとります。

・皆(多数派)と同じになるように治療を迫る(異常性の断罪)
・異なる考え方の全否定(考え方批判、説教、最悪人格批判)
・問題の原因を当人の努力不足だけに断定する(問題の単純化)
・絶対的無関心、又は問題の軽症化(悩むようなことではないと一刀両断)

そこで、本製品は上記の人達の特徴を紹介しながら、ディスります!
ディスると言ったら低俗なにおいがするので補足。
助っ人がいます。それはル・ボンさん。

一般論しか受け入れない極端な人とル・ボンさんの著書「群衆心理」の群衆の特徴が非常に似ているなと思ったので、ル・ボンさんの言葉を引用しながらディスります。

ル・ボンさんはマジで辛口ですよ。例えば
・群衆は、もっぱら破壊的な力をもって、あたかも衰弱した肉体や死骸の分解を早めるあの黴菌のように作用する
・人間は群衆の一員になるという事実だけで、文明の段階をいくつもくだってしまうのである。他多数。

私が理解されないストレスを感じていた時、この本を読んで
「ほんと、まじでそうだわ」と思い、なぜか少し心が軽くなりました。
(本来は違う目的をもって読む本だと思います)

同じような問題を抱えている人に対して、問題解決は出来ませんが
少しでも共感して頂いて心が軽くなればと思います。

注意)マイノリティとマジョリティの対立がテーマです
注意)私憤にまみれていますが・・

お願い事項

非常に私憤が多く入っています。
というか私の愚痴です。
言葉遣いもちょっと汚いです。

PR

-

追加サービス

お試し価格0円の場合、追加サービスは表示されません。

購入画面へ 〉

  • ★★★★★

    ★★★★★

    5 さくらさくら

    2019-11-25 09:23

    とても共感できました
    いつも漠然と不満に思ってたことの原因が理論的に書かれていてよかったです 
    ありがとうございました

全てのレビュー 〉

戻る 戻る