▲ ページの一番上へ

TOP 〉 ビジネス総合 〉 独立・起業相談 〉 定年退職後のコンサルタント起業で安月給・休日出勤を回避!

まずは無料会員登録から! 〉

カテゴリから探す

定年退職後のコンサルタント起業で安月給・休日出勤を回避!

専用ルーム

ビジネス総合独立・起業相談

『定年退職後のコンサルタント起業で安月給・休日出勤を回避!』

★★★★★

★★★★★

5 評価:0

出品者へ問い合わせ(見積)

出品者:週刊・大人の思考空間(masalabo)週刊・大人の思考空間(masalabo)

提供価格:650,000円

6500ポイント(1%)獲得

納品予定日:要相談

気になる数(1

定年退職後の第2の人生も有意義に過ごすビジネス編集力コンサルタント起業モデル。販促ツール内製化とともに、営業マンのスキルアップ研修などを編集ロジックを基本に提案します。DTP&Webコンテンツ制作から入るので安定収入が実現します。

サービス内容

〇定年後に安い給料で第2の人生をスタートしますか?
年収1000万円あったのに、定年後の就職先はせいぜい200万円程度。それも、土日の休みはなく、場合によっては夜勤や道路に立って自動車や歩行者を誘導するような体力的にもきつい仕事しかない場合も多いものです。
あまりのギャップに「私は管理職だった」と自慢する傾向もあり、次第に仲間はずれになってしまうこともあります。
まだ元気だし、年金だけでは余裕のある生活ができない、なのに馴染めない職場で我慢しなければならない。それが定年後に多くの人が抱えるジレンマです。

〇自分で土台を作ればキャリアが発揮できる
通常、それなりのキャリアを積んでも、これまで勤めた組織の役員として働けるほどの実力者を除けば、第2の就職先はその能力を求めていません。つまり、20代のアルバイト社員と同じ現業作業や業務を担うオペレーター以上の能力を求めているわけではないのです。
つまり、実力があると思っているのは本人だけで、回りはそのスキルを直接業務に求めているわけではありません。実力がないということに反論される方もあるでしょうが、税理士などの資格を持っていれば独立はできます。しかし、クライアントは見つかりません。これこそ、自分の実力なのです。
しかし、40年間サラリーマン生活をしてきたわけですからスキルがないわけではありません。
そのキャリアを発揮するためには、土台をつくる必要があるのです。

〇営業畑・企画畑であればだれでもコンサルタントになれる
土木技術者など特殊なキャリアがなくても、コンサルタントには誰でもなれます。中小企業診断士の資格を持っていても、企業を訪問して「コンサルティングをします」では収入につながりません。問題は、
 ・投資不要     ⇒飲食業や不動産業はリスクを伴う
 ・クライアント開発 ⇒成功につながる営業モデル
 ・安定収入確保   ⇒小さくても確実に入る収入確保モデル
まず、この3つです。この3つがクリアできれば、キャリアはあるわけですから、独自のソリューションモデルが構築できます。つまり、
 ・ホップ(まずスタートを切る)
 ・ステップ(安定収入を確保する)
 ・ジャンプ(独自サービスを開発する)
というビジネスモデルが構築できるわけです。
税理士や社会保険労務士など国家資格を持たなくても、すぐに実現できる方法があります。それは、中小企業診断士という難しい国家資格を持っていてもクライアント開拓が難しいのとまったく逆で、国家資格はもちろんコンサルタントの経験がなくても、誰でもコンサルタントとしてスタートが切れる、それが新聞de元気山口編集La★boが開発したビジネスモデル「販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント」なのです。

〇必要なスキルは「論理的思考法」だけ・・・
基本的にビジネスマンは、論理的思考力が磨かれています。しかし、こういった思考モデルは目に見えるわけではありません。つまり、皆さんのスキルは 
 ・サラリーマン時代のスキル    ⇒ 必要とされない
 ・思考の深さや経験に基づくスキル ⇒ 見えないので評価されない(普通にいるただの人)
少なくとも、サラリーマン時代の経験を活かしたコンサルティングができない(たとえば、建築士のような)以上、思考力が見えるようにしなければ「普通にいるただの高齢者」に過ぎないのです。
その論理的思考法を基本としたビジネスモデルが、新聞de元気山口編集La★boが開発したビジネスモデル「販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント」です。

〇クライアント開拓と収入確保の方法とは?
前述した3ステップの3段階目のサービスを浸透させるためには、ステップ1と2を飛び越えるわけにではいきません。そこでポイントとなるのが、
 ・クライアント開拓
 ・収入確保
の2点です。しかも、即効性が求められます。
 ・営業資料
 ・営業モデル
 ・収益確保モデル
この3点が必要です。
 ・皆さんのスキルの証明でもある「論理的思考力」を基本とした営業資料があります。
 ・ネットを使った営業用サイトを用意します。
 ・ダイレクトレスポンスマーケティングの手法で段階的に大きな金額になる営業モデルを開始します。

〇具体的な作業とは?
「販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント」はビジネス編集力を養成するサービスを提供しますが、その前のクライアント開拓と安定収入確保のためのサービスを用意しています。
 ・DTP(Wordを使う販売促進支援サービス)
 ・Web(インサイドセールスやネットショップ売上向上サービス)
 ・ビジネス編集力(編集サービ

お願い事項

事前にご相談ください。皆様のキャリアとの整合性と方向性を具体的に提案させていただきます。
なお、無料サポート(実作業を除く)をLINE@で行いますので、ほぼリアルタイムでクラインとの疑問にも答えることが可能です。困ったら相談しながら、ステップアップすることができます。

PR

定年後の同年代の自分史編集サービスや、相談コミュニティ運営も可能です。
新聞de元気山口編集La★boが用意している直近の営業資料は60ページ。口コミ発生学や図解ステション、大人の思考空間など、ブランディングも確立しています。これからのビジネスのキーワード、ブランディングをどう構築するかというサービスも、ロジカルに組み立てるオリジナル図「キューブポイント思考モデル」によって構成することができるようになっています。
同業他社として、印刷業、Web制作会社、広告会社などがありますが、いずれもデザイナーに依存して感性でものごとを進めようとします。皆さんは、ロジカルに全ての現状を評価しながら最適解につながる情報編集としくみを提案することができます。

追加サービス

追加サービスはありません。
購入画面へ 〉

戻る 戻る